風俗行ったら知人がいた

遊戯な生活は風俗があるから

プライベートは充実しています。仕事は可もなく不可もなくですかね(苦笑)ただプライベートは楽しいんですよ。別に恋人がいるとかじゃないんです。むしろ恋人なんていらないとさえ思っています。性欲のためだけに、日常生活の時間、お金。それらを使うのは馬鹿げてると思うんですよ。それよりも、性欲が高まった時だけ風俗で女の子に抜いてもらえばそれで十分なんじゃないですかね。わざわざ関係を繋ぎとめるかのように、毎日連絡する必要もないんです。自分が遊びたい時に遊べばよいし、普段は自分の好きな時間を過ごしていれば良いんです。こういった生活が出来るのは、風俗と言う大前提があるからこそですよね。別に女の子と楽しみたいのであれば、楽しみたくなった時だけ風俗に駆け込めばよいのであって、それ以外のシチュエーションでまで気を使う必要もないんです。デートでむやみやたらにお金を使うようなこともないので、それで十分なんじゃないですかね。

やっぱり「連携」ですね

風俗嬢との連携。これはとっても大切なことだなって思っています。というのも、風俗嬢だってエスパーではないんです。こちらがどんなことを思っているのかや、どこが性感帯なのかと言うのは行動から何となく推理は出来ても完全に一致させることは難しいと思うんですよね。言葉ってそれだけ大切ってことです。だからこそ、風俗で遊ぶ時にはちゃんと相手に伝えるよう心掛けています。そうじゃないと勿体ないですよね。風俗嬢だってよく分からないなかで「こうしておけば間違いないのかな」と思いながら相手に奉仕するよりも、相手から説明されてすべきことが分かっている状態の方がプレイに対しての安心感があると思うんですよ。だから自分はシャワーの時に相手に自分の性感帯を伝えるようにしています。ちらっと伝えておくだけでも全然違うんですよ。つまりは相手の風俗嬢とコミュニケーションと言う形での連携を取ることこそ、快感と満足の近道なんじゃないのかなって。