風俗行ったら知人がいた

上司との付き合いで風俗

上司のことは尊敬しています。これはお世辞じゃないんですよ。今時珍しいかもしれないんですけど、その上司は後輩への面倒見が良いし、上司の上司に対して毅然とした態度を取って、後輩を守ってくれることもあるんです。でも、別にそれに対して恩着せがましくあれこれ言ってくるようなこともないので、社内での人望も相当高いんですよ。さらに、男性社員からは格別な人望を持っています。なぜなら、一緒に風俗に行ってくれるからです(笑)奢ってくれることもあるんですよね(笑)まぁ奢ってくれないとしても、別に一緒に行って団体割引をするだけでもありがたいですし、それに同じ目線で楽しめるじゃないですか(笑)上司は「会社では上司だけど、会社を出たら年齢の離れた風俗仲間」って言うんですよね(笑)こういったタイプの上司、珍しいんじゃないですかね。だから風俗で遊んでいる時だけじゃなく、あんまり気を使わないのもあって尊敬出来る存在だなって。

だからという部分はありますね

風俗が好きなのは、風俗以外の手段があまり好きじゃないというか面倒だからなんです。一時期セフレもいたんですけど、セフレだと次第に感情移入されるというか、こっちはセフレで良いんです。でも相手は次第にベッドの中だけじゃなくて、どこかに連れて行けとか言いだすんですよ。別にこっちは性欲の対象でしかないのに、性欲以外の所でも時間を作れって言う要求は面倒じゃないですか。恋人にしてもこっちのしたい気持ちと微妙に違うじゃないですか。それに、恋人相手に大胆なことはちょっと要求しづらいのもありますよね(苦笑)それこそ相手によってはフェラさえNGなケースだってありますしね。あれこれ考えるよりも、そんなことは無理だから風俗嬢に頼むって割り切った方がこっちだって相手に頭を下げる必要もないのでらくなんですよ。こうして考えると、風俗を頼るのが一番合理的なんじゃないかなって思うので、自分は風俗さえあれば十分かなって思っています。